ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

平成28年 2月、、3月頃、、

昨年


2016年、、平成28年、、


2月~3月頃


父は車を運転していた、、


80をとうに過ぎていて


都内を走るのは本来危険なんだろうが、、


母を乗せて病院に行ったりしていた、、


しかし、、


この頃の父の写真がない、、


私のスマホ、娘達のスマホも見てもらい


じいちゃんどこかに写ってない?って言ってはみたが


一枚もない


実家には行っていたが


何度も書くが 数ヵ月後に亡くなるなんて


思っていなかったし


まだまだ寒い時期だし、、


実家に遊びに行って意味なく親の写真は


録らないだろうから 普通といえば普通なのかもしれないが、、


余命がわかっていればなぁ


写真も沢山撮って 旅行もいけたのになぁ、、って思う


余命宣告は残酷かもしれないけど


知らないと何もしないで貴重な時間が過ぎていく、、


それとも父本人は知っていたのだろうか、、


もう 長くはない事を、、


おとなしく何も言わない人だった


家族を不安にする様な事 一言だって言わなかった、、


いつだって


大丈夫だ、、大丈夫だ、、って  、、


私達家族は父に甘えていた、、


そして貴重な時間は過ぎていった、、



父が運転する車に乗った最後


助手席から撮影


誰かの為に 次の医療に、6回目の月命日

母と語る、、


誰かの為になればいいねって、、


若い先生の勉強になったらいいねって、、、


癌が治る様になればいいねって、、


父が肝細胞癌と共に生きた日々、意味を、、


何度も何度も入退院を繰り返しても前向きに生きていた父を、、


春 桜の咲く頃


夏 一番暑い日


秋 紅葉が綺麗な日々


冬 東京に雪が降った日


何度も何度もお見舞いに行った私達家族、、


けしてつらい入退院だけではなかったでしょう 


一番信用していた病院に


一番信頼していた先生に、、


父が頑張って頑張って頑張って頑張って


生き抜いた最後の日


私はサインをした、、、






どうか、、父を、、、


忘れないでいて、、


そして、少しでも


お役にたてたなら、、


父も笑っているでしょう、、