ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

成人式

お父ちゃん


今日次女(下の孫娘)が成人式を迎えたよ


見せたかった、、、見たかったね


せめて、、この日まで、、、って


思っていたよね 


綺麗でしたよ


ひ孫の ゆーとは今日始めて立ったと長女から


ラインがありました


皆 成長しています


せめて 今日まで、、、だったら、、


なんて、、


ごめんなさい、、


叶わぬ想い、、、、



昨年中はありがとうございました

新しい年が明けました


昨年中は私のブログに目を通して頂きありがとうございました


過ぎてみれば


クリスマスもお正月も父と過ごす最後の、、、なんて


夢にも思わずにいたので


最後のクリスマスや


最後のお正月の写真すら写しておらず


過ぎ去った日々の記憶もあいまいで寂しい限りです


今日は元旦


長女は家族と昨日から初日の出を見に九十九里へ


次女は彼氏さんの家へ


旦那様はというと持病の為 検査入院中


ぼっちの元旦なんて人生初めてだな


こうやって これから、、ひとりぼっちになっちゃうんだろうな


父は幸せだったな

若い頃の事は良く知らないけど


晩年は幸せだったな


一緒に住んでた母と弟(息子)がいたからね、、


でも


そのうち弟はひとりぼっちになってしまうかもしれないな


我が家も旦那様が体が弱いからね


娘達に私以上につらい思いをさせてしまうかもしれない


なにも最高を望んでなんていない


平々凡々でいい


でも平々凡々って以外とむずかしい


平和な世界に


戦争のない世界にと言ってみても無理そうだし


毎日どこかで事故がおこるし


二度とこの様な事がないように、、と願っても


同じ様な事が繰り返し起きてるし


たいしてファンでもないのに 


SMAPの中居くんの涙に もらい泣き、、、


一生懸命やってたって報われないみたいだし


、、、


今年はどんな年になるんだろう


できる事なら穏やかに


父と共に、、、



九十九里からの初日の出 長女撮影


4回目の月命日

18日になり 


父が存在していた日々が又遠くなっていく


やっぱり仲良しだったんだよね


父と私


父に見せたくて頑張ってきた


父に食べさせたくて お土産を買った


父と話したくて実家に行ってた


大切にされた  


大切にしてきた


父がいなくなっても


私は不幸ではない


優しい旦那様も


娘達も 孫も 母も弟もいる


私は


不幸ではない 幸せだ


でもね 少し


【つまらないんだ】


いつも色々な事を共有してきた


気が合ったんだろう


あんなに気が合う人に


もう巡り合う事はない


何事も同じ感性で見てこれた


そうだな そうだな


そうだね そうだよね、、と


もう同調してくれる人がいない


父の変わりはいない、、


昨日母と弟と3人でお墓参りに行ってきた


母の事は独身の弟が しっかり守っている


私は幸せだよ 大丈夫


でもね


心がひとりぼっち


娘も孫も可愛い


でも 親の存在ってやっぱり凄い


娘にとって父親の存在って


改めて凄いって思う