ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

12月

2年前の12月


母の誕生日に


母は【くも膜下出血】で倒れた


急性期の病院に2ヶ月


リハビリ病院に2ヶ月


退院した日は桜が咲いていた


父は母の為にほとんど毎日病院に通い


洗濯から事務的な事 保険の事


介護保険の申請


自宅のほとんどに手すり お風呂のリフォーム


介護ベッドからシルバーカーの手配


デイサービスの手配


母が退院する頃には全てが完璧だった


83才の父のどこにそんなパワーがあったのか


今 思う


【お父ちゃん


お母ちゃんに自分の残り少ない寿命ちょっと分けてあげちゃったね】


メキメキと元気になっていく母

 

母が元気になる姿に安心した様に


ドンドン体力がなくなっていく父


父が母にしてくれていた様に


私は父の介護がしたかった


父の為に用意した


介護ベッドと車イス


結局


介護ベッドには一晩


車イスは一度も使わずに逝ってしまった


私と弟の為に


孫娘達の為に


ひ孫の為に


母の為に


家族の為に、、、


今年春頃


父の足が浮腫みはじめた


母は元気


父もまだ大丈夫


どこかに行くのなら


ラストチャンスだったはず


でも娘が5月に出産


産後1ヶ月は私も娘も生まれてきてくれた子のお世話で


必死だった、、


気づけば6月 7月、、、


もう体力がなかった


結局


父にはたくさんやってもらったのに


なにもしてあげれなかった、、、


恩返しが出来なかった、、、


せめて最後の入院がもう少し長ければ


少しは何かしてあげれたのではと思う


最後の入院は9日間


父はあっという間に逝ってしまった


父が亡くなって


なにも食べれず


不安と恐怖で何度も目が覚め


深く眠れなかった深夜


父の声で たしかに父の声で


「もう いいんだよ」


と耳元で聞こえた


お父ちゃん


いつか又会えますか?


ひ孫のゆーとはハイハイが出来る様になりました


そして


ビッグニュースです


ゆーとはもう


お兄ちゃんになるみたいですよ


若いって凄いですね(笑)


又春頃


二人目のひ孫が生まれます


お父ちゃんの様に優しい人になってほしいです


会わせたかったなぁ


月命日

18日は三度目の月命日


父が存在しない日々


早かったのか ゆっくりだったのか


どうだったんだろう、、、


ただ季節は移り変わり


父がいてくれた日が遠くなっていく、、、 


それとも


再び会える日に近づいているのかな?


もう街はクリスマスの準備をし始めています


クリスマスのイルミネーションも


切なく感じます  



ソラマチ スカイアリーナから




受け継がれる命

父は幸せだったと思いたい


父が母とお見合いで結婚したのは35才


それ以前の父は苦労もしたと母から聞いた


父は私には何も語らず逝ってしまった


父と下の兄弟6人とは母親が違う事


2才の父を置いて若くして亡くなった私と血がつながった祖母の事


戦争中の事


若い頃愛した人がいて結婚して離婚していた事


父は何も語らず


本当に何も語らず逝ってしまった


だけど たしかに


お墓に名を刻む事もなく顔も知らない父を生んでくれた


祖母から父へ


父から私へ


私から娘へ


娘から子へ


たしかに受け継がれている


大切にしていきたい


父が私や娘達にしてくれた事


今度は私が娘に孫にしてあげたい


ありがとう


沢山の愛をありがとう


父の様になりたい


父と初ひ孫のゆーと

平成28年7月14日(木)  


最後の緩和外来行った日の朝 撮影