ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

東京スカイツリー

私達墨田区民は


多かれ少なかれスカイツリーに感心があるのではないかな?


なにしろ更地の時から


いやもっと前の野っ原の時から知っている場所であり


建設中


ドンドン高くなり怪獣の様で


私はふるさとが変わっていってしまうのではなかろうか、、と


不安さえあった


しかし


私とは逆で


父は私が思う以上にスカイツリーの完成を楽しみにしていた様だ


カメラが好きな父は


良くスカイツリーの写真を撮っていた


父の遺品を整理していたら


新聞の切り抜きが色々出てきた  


その中でも建設中のスカイツリーの切り抜きは


母や弟に捨てられない様に又こっそり


我が家に持ってきた


こんなに好きなら


展望台くらい一緒に登りたかったよ


又後悔してる


スカイツリーが見える限り一生後悔しそうだ


ちょっと調べてみたら


2012年に完成してるから


4年間も展望台に登るチャンスはあった


又私の悪い癖だ、


いつか いつかと  


そのうち そのうちと後回しにして


スカイツリーが近すぎて


いつでも行けるからって!


まだ混んでるよって!  


【いつか】



【そのうち】



永遠ではないのに









母撮影

遺品

悲しい響きですね


遺品って


少し前までただの個人の持ち物だったのにね


父の書いた小さなメモさえ捨てられず


こっそり持ち帰ったりしてます


父と私は物を捨てられないタイプ


母と弟は容赦なく捨てちゃうタイプ


絶対捨てないでよね❗って


言ってはありますけど


ある程度は仕方ないのかなとも


思ってはいます


今後増える事のない


父の大事な物


当たり前にあった物達


見ると 切なく 愛しい


そこに父がいる様な気がします


四十九日

今日10月5日は父の四十九日になります


お骨は1日に父の両親も眠る江戸川区のお寺に


納骨してきました


私はなのですが


お骨に父がいる様な気がしなかったです


極楽浄土という場所に行ってしまうのも


ピンと来ないです

 


【父は家族の心の中にいる】  



生きてる者の思い込みかもしれませんが  


そんな気がします



平井大橋からのスカイツリー