ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

計画書

母は週3回デイサービスを利用している


父の机を整理していたら


今年の介護サービスからの計画書があった


28年 2月作成  


※ご本人(母)


主人も持病を抱えているので

なるべく負担をかけない様にして

これからも一緒に暮らして行きたい


※ご家族(父)


自分の病気の事は注意しているので

妻には自分の病気の事で気遣いさせない様に過ごさせたい


※事業所 


くつろげる自宅でこれからもご主人と仲良く暮らして行けるよう

介護者であるご主人の体調も十分配慮しながら

引き続き支援させて頂きます  


※※



父は母を想い


母は父を想い


つつましくも

 

優しく


そして


凛として強く


そんな日常がもっと続くと思っていたのに、、、、


↓ 

御茶ノ水

聖橋から撮影