ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

C型肝炎

なんとなくTV を見ていたら


あるCMに目が止まりました


今はC型肝炎は治るのですね


良い新薬が出来たのでしょうか?


父達には間に合いませんでしたけど


これからがある皆様には


是非積極的に治療して


治して頂きたいです


医学は長い時間をかけて確実に進歩しています


ですが


長い時間の中


無念だった方がいるのも又事実だと思います


運がいいとか  


悪いとか 


そういう事って


あるのだと思う



不忍池

今年春頃 父のお見舞いの帰り撮影























 

計画書

母は週3回デイサービスを利用している


父の机を整理していたら


今年の介護サービスからの計画書があった


28年 2月作成  


※ご本人(母)


主人も持病を抱えているので

なるべく負担をかけない様にして

これからも一緒に暮らして行きたい


※ご家族(父)


自分の病気の事は注意しているので

妻には自分の病気の事で気遣いさせない様に過ごさせたい


※事業所 


くつろげる自宅でこれからもご主人と仲良く暮らして行けるよう

介護者であるご主人の体調も十分配慮しながら

引き続き支援させて頂きます  


※※



父は母を想い


母は父を想い


つつましくも

 

優しく


そして


凛として強く


そんな日常がもっと続くと思っていたのに、、、、


↓ 

御茶ノ水

聖橋から撮影


父ありきの

いままでの  


私の人生は結局  


父ありきの...


だったんだと思う


親離れ 子離れも上手に出来ていなかったんだと思う


下町だけど


都内だから学生になったり


就職などで一人暮らしする事もなく


結婚する前日まで私は実家にいたし


嫁ぎ先も近いから


上の娘が幼稚園にあがるまで


週の半分は実家に行っていた


もちろん二度のお産の前後は実家にいたし


父は高齢だったから


私が20代で定年になった


定年後の楽しみに娘二人を本当に可愛がってくれた


その上の娘(初孫)が21でお嫁に行き


男の子を生んだ


父は自分の人生の中でひ孫まで抱けるなんていう


シナリオはなかったと思う


なにしろ


娘の私が二十歳になるまで生きてるかなぁ?と言っていたぐらいだから


まぁ


私も40代でおばあちゃんになるとは思わなかったわけだが、、、


本当に何からなにまで  


全てにおいて父には良くしてもらった


感謝なんて言葉では足りない


どんなお願いしても


無理とか駄目とか言わない人だった   


最後まで


大丈夫 大丈夫と


ちっとも大丈夫じゃないのに


ありがとう ありがとうと言っていたね


最後の握手忘れない


多分人生のバトンタッチ




ありがとう 




会いたい


東大病院からの無縁坂

前を歩くのは次女