ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

後悔

後悔


ひ孫まで抱けて幸せだよ 


苦しまず 痛がらず良かったよ


平均寿命以上に生きられたんだから良かったじゃない


そうね


たしかにそうだよね 


でも 悲しく つらい


85年も生きたのに


一度も飛行機に乗ったことなかったね


アメリカに行ってみたいと言っていたのに


結局

いつか いつかと後回しにして 


連れていってあげられなくてごめんなさい


洋画が好きで 洋食が好きで


喫茶店では よく美味しいブレンドを頼んでいたね


一緒にアメリカの大地を見たかった  


東京で生まれて   


東京で亡くなった


お父ちゃんは幸せでしたか? 


4年後のオリンピック一緒に見たかったね


もう


全てが後悔で


でもその時は多分皆が精一杯で


仕方なかったのかな? 


あんなに入退院繰り返しても


結局 癌は治りはしなかったね


延命の為の治療だったのかな?


80過ぎても足腰丈夫で頭だって心臓だって問題なかった 


癌さえなかったら



思う  



東大病院から










































 

はじめまして

はじめまして


東京 墨田区からの発信です  


先月8月18日(木) 18時50分(ドクター確認 本当は18時20分位です)


最愛の父が肝細胞癌による 低血糖 全身状態不良により


本人の望み通りに東大病院にて


85年と5か月と8日の人生の幕を閉じました


人の悪口を言わず


人と争う事が嫌いで


ただただ優しく でもけして


弱音は吐かず 大好きな父でした


私は父が40近くに出来た子で


大切にされ


大切にしてきました


父も私達子供の為


母の為 自分の為 孫の為


まだ生後3ヶ月のひ孫と遊ぶ為と


頑張ってきましたが


春頃から


末期ガン独特の痩せかた


足の浮腫み だるさ 食欲不振が続きました


余命は言われていませんでしたけど


誰から見ても明らかな症状でした


痛みがなかったのがそれでも救いでした


四十九日もまだですが 


大好きな父の事


家族の事など書いていきます  


よろしくお願いいたします





東大病院

中庭