ずっと そばにいて

平成28年8月18日(木)18時50分 肝細胞癌の為
最愛の父が85才5か月と8日
東京で生まれ育ち 結婚 娘(私) 息子に恵まれ
 孫 ひ孫も抱き
望み通り 東大病院にて人生の幕を閉じました
大好きな父でした

死亡診断書より 

⭐C型慢性肝炎18年→肝細胞癌9年

ラジオ波焼灼療法 7回

血管塞栓術 7回 

25才頃 胃潰瘍にて輸血

1998年頃クリニックにてC型慢性肝炎と診断 


2015年10月 ラジオ波 塞栓術など治療を続けるも大動脈多発性転移の為 緩和ケアへ

2016年8月 食事摂取不良の為低血糖 肝不全憎悪 全身状態不良の為 
永眠される

癌でも長生きした父 
皆さまの少しでも参考になれば幸いです

父のジャンパー

父が良く着ていたジャンパーに


私宛の手紙がないか探してみる、、、


あるわけないし


もし手紙があったとしたら私宛ではないだろう


母宛だ


内ポケットも探してみる


父の匂いがした、、、


何かある


千円札 6枚 


父はお札はお財布に入れずそのまま内ポケットにしまっていた


気にしてはいなかったが


その動作を思い出す


一枚画像を撮らせてもらい


そっと内ポケットに戻しておいた


真夏だった最後の入院にも


このジャンパーは持っていった


ハンガーに掛け


実家に来ては父を思い


袖口と握手をし


スカイツリーに祈る




仕事を続けられたのは

私が娘二人を生んでもなお仕事を続けられたのは


まぎれもなく実両親のおかげだ


義理両親は自営業で私達が結婚した当初は50代で


孫の面倒をガッツリ見るわけにはいかなかったが  


実父は60をとうに過ぎていて


65才までは働いていたが


85才で逝ってしまうまでの20年間は


現在22才と20才の娘(孫)の成長そのもので


本当に沢山遊んでもらった


実両親なしに今の我が家はありえない!


私は仕事の時は実家に娘達を預けていたので

父には車での実家と我が家の往復を

数え切れないほどやってもらった



何度も書くが本当に嫌な顔をする人ではなかった


本当にみんなが好きになる様な良いじいちゃんだった


父自身も孫娘達との時間を楽しんでいたと思う


良い両親に恵まれ


私は仕事をやめる事なく続けられている


今年4がつに次女が20才になり


5月に長女の子供 初ひ孫の男の子が生まれ


草花が次の世代に命を引き継ぐかの様に


父はあっという間に弱っていった


当初は行ったこともない緩和の病院を進められていた様だが


色々な奇跡が起こり


墨田区から長年お世話になり絶対的信用を寄せている


文京区の東大病院まで救急搬送される事になる


私が 東大病院で良かったね  と言うと


父は うなずいて 特別だよ  と言っていた


実は墨田区から東大病院はそんなに特別ではないらしいが

私もすぐ駆けつけたが父が搬送された日の救急外来は患者も少なく

父のかかりつけという事もあり

受け入れてもらえた 


8月9日の入院から18日に亡くなるまで


世は夏休み お盆休みで


15日は年金が出るからと母に何度も言っていたらしい


会わせたい人のほとんどと会い


会話も出来


85才でひ孫まで抱き


父が望んだ東大病院で最後まで意識があり


苦しむ姿を見せる事なく亡くなり


父は立派だった


何故 私がブログを立ち上げるほど つらく 悲しく


後悔しているのか、、、  


それは


多分


私が他の大学病院で働く医療従事者だからだ  


沢山見てきた


患者さんとその家族と共に悲しみ


治れば共に喜び


私には死に対して免疫がついていると思っていた


しかし


実親の死は


患者さんのそれとは


全く次元が違うものだった


父は私に大きな課題を残してくれた様だ


実家近くからのスカイツリー  



何を見ていたのだろう

父は良くベランダに出ては何かを見ていた


日常だったし あまり突っ込んで聞いた事がない


全てが今思えば、、、ばかりだ


ただ父が見ていた方向には


スカイツリーがあり


今では高層マンションが増えて見えずらくなってしまったが


わずかに富士山が見える


父は何を思っていたのだろう


もう何も聞く事が出来なくなってしまったのが寂しい


次女撮影


下着姿、、でもお気に入りの画像です お父ちゃんの日常